このページを印刷する

講座番号 3681

マネー・実務

労働関係法と社会保険法からメンタルヘルスまで

講座概要
労働関係法令、年金からメンタルヘルスまでの労務管理力アップを目指します。法律解釈の仕方からパワーハラスメントの具体的対応の解説まで、起こりうるトラブル事例問題を検討した後、法令解説を通じて知識の習得を深めていきます。是非、あなたの仕事に役立ててください。
開講日時 2019/04/12 ~ 2019/07/19 (全9回) 曜日 19:15~20:45
予定講師 有田 恵子・丸地 康仁
受講料 15,400
定員 20
テキスト プリント対応
授業のレベル・対象
日程詳細(予定)
日程 カリキュラム内容
1 04/12 高齢者雇用に関する法律と実務…再雇用拒否などのトラブル発生時の法律解釈と対処法
2 04/26 労働時間、副業・兼業等の労務判断のポイント…労働時間の通算、労災など考えておきたい知識
3 05/17 パワハラの申告があった場合の対応(パワーハラスメント事例から考える)
4 05/24 労務トラブル事例問題の実務対応と法律解釈…具体的事例をもとに考えておくべきポイント発見
5 06/07 働き方改革の現状と実務…4月からスタートする法律について具体的に解説します。
6 06/14 講師が伝えたい労務(法律)知識と常識…法律と勘違いした知識の差から起こる問題の解決策
7 06/28 就活生・新卒者・大学就職担当者の本音…お招きしての授業。現状をお話頂き、その後質疑応答
8 07/12 特別授業「アスペルガー症候群と労務管理」心理カウンセラーの先生との共同授業となります。
9 07/19 退職に関しての必要な労務知識…退職前と退職後に発生する労働問題と解決策を解説します。
備考 初めて総務・人事を担当される方や関心のある方から、経験のあるベテランの方まで、法改正情報とその実践方法を盛り込みながら、事例問題で知識の確認をし、着実に身につけられる内容で進めていきます。継続的な受講をお勧めします。(プリント対応)